TOMOMIN FX ~投資としてのFX~

2021年から大きく方針転換、1万チャレンジは休止、今後は資産を増やすことに力を入れていきます。

海外口座と国内のどちらが良いか❓(海外口座編)

f:id:TOMOMIN:20210306145855p:plain

 

2021/3/08 (Ver02)

 

どうもTOMOMINです (⚫ᴥ⚫)」

 

FXには国内口座と海外口座がありそれぞれ良い点、悪い点があります

どちらの口座を使った方が良いか迷いますよね?

 

ちなみに自分は海外口座と国内口座の両方とも開設しています

 

 今回は海外口座と国内口座の違いをメリット、デメリットを書いていく形式で解説していこうと思います

 

 

海外口座のメリット

 

口座開設、入金がすぐにでき、すぐにトレード出来る

ネットで簡単に口座開設でき、開設後クレジットカードなどで入金できすぐに取引することが出来る

 

入金すると入金ボーナスが付く所がある

入金すると入金額に応じて、FX会社から入金ボーナスを受け取ることができ、取引の証拠金に加算することが出来ます

※入金ボーナスは出金できません

 

レバレッジが高く設定できる

レバレッジが国内口座よりも高く設定でき数百倍~数千倍までかけることが出来ます

自分の使っている海外口座はXMで最大888倍までかけることが出来ます

 

なんと1万で888万円分のポジションを持つことが出来ます

 

強制ロスカットの水準が低い

証拠金維持率が20~30%以下で強制決済になる所が多いので、資金の極限まで耐えることが出来るという事ですね

 

追証が発生しないゼロカットシステムがある

急な暴落によって、投入した資金よりも損失がでてしまってもFX会社が負担してくれるシステムになっている所が多いので借金になることはほとんどありません

 

 取引方式がNDD方式である

NDD方式とはトレーダーの注文を直接市場に流す方式で、NDD方式だとスプレッドが広くなるので、スプレッド分がFX会社の利益になるので、取引が増えれば増えるほど会社は儲かるということですね

 

海外口座のデメリット

 

レバレッジが高く設定できるのでロスカットのリスクが高くなる

長所が短所にもなるみたいな感じで、高いレバレッジで取引できるので、その分損失も大きくなる恐れがあります

高いレバレッジは諸刃の剣ですね

 

納税が総合課税

所得によって税金が変わる塁審課税で多く稼げばその分税金が高くなります

所得が少なければ国内よりも税金が安くなるので、利益が多くなければメリットにもなりますけどねw

 

確定申告で損失の繰り越しが出来ない

年間収支がマイナスになっても、損失を繰り越して申告することが出来ません

 

スプレッドが広い

NDD方式なのでスプレッドが広い傾向にあります

海外口座はトレーダーが取引すればするほど利益になるので、沢山取引してもらえるような仕組みになっています

一番良い点はNDD方式なので取引の透明性が高く信頼できることと、ゼロカットシステムがあるので借金になる心配がないことですね

 

 
最後に自分が使ったことがある海外FX口座について書いていきます
 
XMTrading
・日本でかなり人気のある海外口座で自分も初めて開設した海外口座です
・XMポイントと言ってトレードしたロット数に応じて貯まるポイントを証拠金に還元できるのが良い
・入金ボーナスも手厚いのが特徴
・スタンダード口座ではスプレッドが広い
・最近はスワップポイントがほとんどの通貨ペアでマイナスになるので使うメリットが薄れてきている
ドル円のロングですらマイナススワップなので自分はもうメインでは使用していない
 
ドル円、ユロドルでロングもショートでもスワップポイントが付くのが良い
・スプレッドもXMとくらべ狭い
・たまにある入金ボーナス100%が熱い
・トレードにいろいろ禁止事項、注意事項があるのでしっかり見ておくこと
・過度なスキャルピングを禁止している点はマイナス
自分が現在メインで使っている口座      
 

次回は続いて国内口座のメリット、デメリットについて書きます

 

ではまた(⚫ᴥ⚫)」